キムチ鍋とダイエット

キムチ鍋は材料に気をつければ意外と低カロリーに抑えられ、ダイエット中の方にもピッタリです。ダイエットの敵は、食べられない不満や飢餓感に負けてのリバウンドです。みんなが美味しそうに食べているものを我慢しなくてはならないつらさって、経験者にしかわかりませんよね。
しかしダイエットバージョンのキムチ鍋なら、こっくりとした味わいで満足できますよ。

まずはキムチをごま油でよく炒めることが大切です。お肉は脂分の少ない部分を少し入れましょう。その代わり、木綿豆腐を入れます。キムチ鍋のスープをたっぷりと吸って、満腹感も得られます。さらに野菜もたっぷり入れましょう。特にキノコ類は低カロリーでオススメです。
エノキダケやエリンギなら、シャッキシャキの食感も美味しいですよね。

お肉ではなく海鮮で作れば、その分カロリーも抑えられます。味付けは市販のキムチ鍋のもとではなく、味噌ととうがらしでつけましょう。余計な調味料が入っていない分味がスッキリとして、食べすぎも防止してくれます。野菜がシャキシャキとして、しっかりかんで食べることで満腹感がプラスされますよ。

シメにどうしてもラーメンが食べたいという方、湯がいたシラタキを半量入れてみませんか。100パーセントラーメンでは、ダイエット中にはカロリーオーバーです。でもオールシラタキでは物足りないですよね。そこで半分ずつ入れてみましょう。満足できるのにカロリーカットで、ダイエット中に嬉しい食物繊維もプラスできます。ダイエット成功のカギは、我慢しているという感覚をなくすことです。
美味しくたっぷり食べて、心からキレイに痩せましょう。

キムチ鍋おすすめ情報