キムチ鍋の雑炊

キムチ鍋のシメは、やっぱり雑炊ですね。日本人はご飯が大好きなので、どうしてもご飯が食べたくなるものです。いろんな材料のダシが出ているスープをご飯が芯まで吸い込んだ雑炊は、味も栄養も満点ですよね。
骨のあるタラなどの魚でキムチ鍋を作った時は、きちんと骨やヒレを取り除いておきましょう。

キムチ鍋のスープをもう一度煮立たせ、ご飯を入れます。ご飯は一度水で洗って、ぬめりをとっておきましょう。ご飯を入れたらもう一度沸騰するまで加熱し、吹いてきた所で溶き卵を流し入れます。半熟になったら火が入りすぎないうちにめいめい取り分けていただきましょう。万能ネギを刻んで入れればより美味しいですね。
韓国ノリをちぎりいれても合います。

せっかくのキムチ鍋ですから、韓国風雑炊にしてみてはいかがでしょう。韓国料理屋さんでチゲを食べた後に出てくる、おコゲ雑炊です。残り汁は多すぎないよう、水分量を調整しておきます。沸騰したら冷ご飯をそのまま入れて、全体にからめつつ煮込みます。
水分が飛んできたら卵を溶き入れ、さらに炒め続けましょう。

その後全体を平らにならしたら、油を鍋肌に沿ってタラリとかけ回します。最後に鍋肌に醤油をそっと指し、香りを立てましょう。良い香りがしてきたら、ヘラで鍋からご飯をはがして頂きます。ごまをかけると美味しいですよ。韓国風雑炊は、石焼きビビンパの気分もちょっぴり味わえるオススメのキムチ鍋のシメです。

キムチ鍋おすすめ情報

千葉車買取で高額査定を勝ち取る方法を解説しているサイト。千葉の車買取高額業者人気ランキング≪約1分無料シミュレーション≫
車買取 千葉県